[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

阿寒湖(北海道釧路市)体験したい見どころ・アクセス・周辺ホテルを紹介

ごじゅう
ごじゅう
北海道亀田郡の大沼遊船は、自然豊かな大沼公園の魅力を満喫できる観光スポットです。四季折々の風景を楽しみながら、ゆったりとした船旅を体験できます。春は新緑、夏は涼風、秋は紅葉、冬は雪景色と、季節ごとに異なる美しさを感じることができます。大沼遊船で、心地よい時間をお過ごしください。
周辺には、観光に便利なホテルや旅館も多いです。

「阿寒湖」おすすめホテル3選
阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の座
【全25室 温泉露天風呂付き客室】鄙とは故郷のこと。鄙の座は皆様のこころの故郷としてお迎えいたします/送迎バス運行【札幌・千歳方面】2024年2月29日まで(有料/完全予約制)詳細は公式サイトの交通アクセス をご覧ください
コメント数 : 199
★の数(総合): 4.58
あかん遊久の里鶴雅
和のこころ、阿寒のおもてなしをさらに深めて。日本の旅館文化を継承するおもてなしをご堪能ください。/送迎バス運行【札幌・千歳方面】2024年2月29日まで(有料/完全予約制)詳細は公式サイトの交通アクセス をご覧ください
コメント数 : 1227
★の数(総合): 4.24
ラビスタ阿寒川(共立リゾート)
2015年8月NEW OPEN! ただ、川と温泉があるだけの森に。“イランカラプテ”/釧路空港よりお車にて約1時間。釧路駅よりお車にて約1時間30分
コメント数 : 652
★の数(総合): 4.08
楽天ウェブサービスセンター

阿寒湖(北海道釧路市)体験したい見どころ3選と秘話・裏話

阿寒湖に行ったら「ここは見たい」というポイントを3つご紹介します。

御船印

大沼遊船では、お船の「御船印」が販売されています。これは神社や寺院を参拝した証として押される印章や印影で、全国的に「御朱印」集めがブームになっています。大沼遊船の「御船印」は、遊覧船のりばでのみ販売されています。

遊覧船のコース

大沼遊船の遊覧船は、大沼湖と小沼湖を約30分で一周するコースがあります。このコースでは、ガイドさんの解説を聞きながら、湖の爽やかな水上風景を満喫できます。特に、大沼湖に点在する多くの島々や、駒ケ岳の雄大な姿は見逃せません。

大沼月見橋

遊覧船のコースには、「大沼月見橋」をくぐる場面があります。この橋の上には道道43号線とJR函館本線が通っており、鉄道ファンにとっては興味深いポイントかもしれません。

おすすめ観光プランのご提案

大沼遊船(北海道亀田郡)では、大沼湖・小沼湖の美しい景色を楽しむことができるクルージングプランが提供されています。運航期間は4月中旬から12月初旬までで、所要時間は約30分の遊覧船コースがあります。料金は大人1,460円、小人730円です。団体割引や障害者割引もあります。以下に、大沼遊船を含む観光プランをご提案します。

大沼遊船観光プラン

  • 8:00:宿泊施設を出発
  • 9:00:大沼公園到着、散策開始
  • 公園内を散策し、自然の美しさを感じる

    昼前

  • 10:30:大沼遊船乗船場へ
  • 遊覧船の出航時間に合わせて乗船

  • 12:00:遊覧船からの帰り、近くのレストランで昼食
  • 地元の食材を使った料理を堪能

    午後

  • 13:30:再び公園内散策
  • 公園内の他のスポットを訪れる

    夕方

  • 16:00:お土産物店でショッピング
  • 地元の特産品やお土産を選ぶ

  • 18:00:夕食
  • 地元の食材を使ったディナーを楽しむ

    夜遅く

  • 20:00:宿泊施設に戻り、休息
  • このプランは、大沼遊船を中心に、大沼公園の自然を満喫する内容となっています。遊覧船の時間や天候によってはプランの調整が必要になる場合がありますので、ご注意ください。また、遊覧船の予約状況や料金については、事前に確認しておくと良いでしょう。

    アクセス(車・駐車場・電車・バス)について

    電車・バスで行く場合

    電車でのアクセス

    JR新函館北斗駅から特急北斗で約10分、JR大沼公園駅まで行きます。その後、JR大沼公園駅から徒歩約7分で乗り場へ到着します。

    バスでのアクセス

    JR新函館北斗駅から大沼交通路線バス「大沼方面行き」を利用し、大沼公園駅前まで約30分(函館大沼プリンスホテル経由)で到着します。

    自動車で行く方法と駐車場

    自動車でのアクセス方法

    北海道函館空港から道道63号、国道278号、道道100号、函館新道、国道5号、道道338号を経由して約33km、約50分です。

    最寄りのインターチェンジ

    道央自動車道の大沼公園ICが最寄りのインターチェンジで、そこからは約15分です。

    ランドマークからのアクセス方法

    JR大沼公園駅からは徒歩で約7分です。

    駐車場について

    大沼遊船の駐車場については、公式情報によると、大沼遊船自体には駐車場はありません。しかし、近隣には有料駐車場が存在します。車で訪れる場合は、これらの駐車場を利用することになります。

    また、アクセスについては、北海道函館空港から道道63号、国道278号、道道100号、函館新道、国道5号、道道338号を経由して約33km、約50分で到着します。

    具体的な駐車場の場所や料金については、現地の最新情報をご確認いただくことをお勧めします。

    アクセスの注意点

  • 乗船には前日の15:00までの予約が必要です。
  • 乗船券はご乗船時に提示してください。
  • 乗船券は乗船日を含めて7日間有効です。
  • 他の割引との併用はできません。
  • 乗船券1枚につき1組様のご利用となります。
  • 阿寒湖 近くのレストラン・カフェ

    百味庵



    北海道の大沼公園近くにある「元祖大沼だんご 沼の家」は、地元の方々にも観光客にも愛される老舗の団子屋さんです。こちらの店では、伝統的な製法で作られるやわらかい団子が自慢。一口サイズで食べやすく、餡と醤油の組み合わせが絶妙です。訪れたら、ぜひその日のうちに味わってみてください。売り切れることもあるので、早めの訪問がおすすめです。

    民芸喫茶 ポロンノ



    「キッチン さわで夢屋」は、大沼公園近くで楽しめる家庭的なレストランです。こちらの名物は、ボリューム満点のあんかけ焼きそば。地元の食材をふんだんに使った料理は、訪れる人々を幸せな気分にさせてくれます。アットホームな雰囲気の中で、美味しい料理と温かいおもてなしを体験できるでしょう。

    丸木舟 阿寒湖店



    大沼国定公園内にある「ターブル・ドゥ・リバージュ」は、湖畔の美しい景色を眺めながら食事が楽しめるレストランです。地元の新鮮な野菜や川魚を使った料理は、訪れる人々に大沼の自然の恵みを感じさせてくれます。気軽なパスタから本格的なコース料理まで、多彩なメニューが揃っています。大沼の自然を感じながら、美味しいイタリアンを堪能してみてはいかがでしょうか。

    阿寒湖(北海道釧路市)周辺のおすすめホテル

    阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の座



    大自然に囲まれた落ち着いた雰囲気の中で、心地よい時間を過ごせます。ここでは、四季折々の風景を楽しみながら、最高のおもてなしを体験できます。

    あかん遊久の里鶴雅



    伝統的な日本のおもてなしと、美味しい料理が自慢の宿です。ここでは、湯の川温泉の豊かな湯を楽しみながら、リラックスした時間を過ごせます。

    ラビスタ阿寒川(共立リゾート)



    モダンで洗練された空間で、最高級のサービスを提供します。ここでは、函館の美しい夜景を眺めながら、贅沢なひとときを過ごせます。

    まとめ

    阿寒湖の見どころ、観光プラン、アクセス、周辺のレストラン・カフェ、周辺のおすすめホテルについてお伝えしました。阿寒湖の魅力を満喫してください!

    「阿寒湖」おすすめホテル3選
    阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の座
    【全25室 温泉露天風呂付き客室】鄙とは故郷のこと。鄙の座は皆様のこころの故郷としてお迎えいたします/送迎バス運行【札幌・千歳方面】2024年2月29日まで(有料/完全予約制)詳細は公式サイトの交通アクセス をご覧ください
    コメント数 : 199
    ★の数(総合): 4.58
    あかん遊久の里鶴雅
    和のこころ、阿寒のおもてなしをさらに深めて。日本の旅館文化を継承するおもてなしをご堪能ください。/送迎バス運行【札幌・千歳方面】2024年2月29日まで(有料/完全予約制)詳細は公式サイトの交通アクセス をご覧ください
    コメント数 : 1227
    ★の数(総合): 4.24
    ラビスタ阿寒川(共立リゾート)
    2015年8月NEW OPEN! ただ、川と温泉があるだけの森に。“イランカラプテ”/釧路空港よりお車にて約1時間。釧路駅よりお車にて約1時間30分
    コメント数 : 652
    ★の数(総合): 4.08
    楽天ウェブサービスセンター


    素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイト

    「ふるさとパレット」は、東急グループが全国各地で出会った素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイトです。東急グループにゆかりがある地域を中心に、魅力あふれる返礼品が掲載されています。

    特に注目すべきは、「東急オリジナル返礼品」です。これらは東急グループと自治体が共同で開発したこだわりの返礼品で、ここにしか載っていない独自の商品です。また、開発に込めた生産者の想いを綴った開発ストーリーも掲載されています。

    「ふるさとパレット」は、ふるさと納税を通じて、地域へ実際に足を運んでいただくきっかけを提供することで、地域の関係人口増加による地域活性化を目指しています。これは、東急グループだからこそ実現できるふるさと納税の形です。


    「東急グループのふるさと納税サイト!」
    この記事を書いた人
    ゴジュウ

    はじめまして、ゴジュウと申します。WEB関連の仕事をしています。50代のお父さんです。大学生の息子と中学生の娘がいます。子供が小さい頃は仕事が忙しく家族旅行に連れて行ってやれなかったので、これからどんどん思い出作りの家族旅行を計画しようと思っています。

    ゴジュウをフォローする
    北海道観光スポット観光スポット
    ゴジュウをフォローする
    50代お父さんのおすすめ家族旅行スポット紹介

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました