[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

岡山国際ホテル|アクセス・食事・部屋・口コミを利用者目線で解説

ごじゅう
ごじゅう

「岡山国際ホテル」は、岡山市の東山の丘にある、自然と歴史に囲まれたホテルです。開業当時の趣を残すロビーと客室は、岡山の歴史と文化に触れることができます。特に、皇室が使用したこともあるロイヤルスイートは、非常に貴重な体験ができます。また、屋上にある露天風呂からは、岡山市街の夜景や朝日を堪能できます。レストランでは、地元の食材とフランス料理の技法を使った絶品の料理を味わえます。岡山に旅行に行くときはおすすめのホテルです。

岡山国際ホテルのレストランで味わう地元の食材とフランス料理のコラボレーション

「岡山国際ホテル」は、岡山市の東山の丘に建つ、自然と歴史に囲まれたホテルです。このホテルには、和食、洋食、中華、鉄板焼、バーなどのレストランが6店舗あります。私はこのホテルに宿泊して、その中でも最上階にあるフレンチレストラン「アルカンシェール」で夕食をいただきました。ここでは、地元の食材とフランス料理の技法を使った絶品の料理を堪能できます。ここでは、その魅力をお伝えしたいと思います。

地元の食材を使ったフルコースディナー

「アルカンシェール」では、シェフのこだわりのフルコースディナーを楽しめます。メインディッシュは、濃厚でうま味たっぷりのオマール海老と旬の魚のポワレ、ジューシーな岡山県奈義産黒毛和牛サーロインのグリエから選べます。

私は、岡山県奈義産黒毛和牛サーロインのグリエを選びました。肉は、表面は香ばしく焼き上げられていて、中はふっくらとしていました。ソースは、岡山県産の赤ワインを使ったもので、肉の旨味を引き出していました。

ワインは、岡山県産のものを含む約200種類の中から選べます。私は、岡山県産の赤ワインを選びました。ワインは、フルーティーでまろやかな味わいで、肉との相性も抜群でした。デザートは、岡山県産の果物を使ったケーキとアイスクリームで、甘さ控えめで上品な味わいでした。

岡山市街の夜景を見ながらのロマンチックな雰囲気

レストランからは、岡山市街の夜景を堪能できます。テーブル席は、窓際に配置されているので、どこからでも景色を見ることができます。夜景と共に、フランス料理とワインを味わうのは、とてもロマンチックでした。レストランの内装も、高級感と落ち着きのある雰囲気で統一されています。スタッフの対応も、親切で丁寧でした。

岡山国際ホテルへのアクセスは意外と簡単!おすすめの交通手段を紹介

岡山県の中心にある岡山国際ホテルは、自然に囲まれた高台に建つ、由緒あるホテルです。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と、四季折々の景色を楽しめます。また、皇室が使用したこともあるという歴史的な建物は、開業当時の趣を残しながらも、現代の快適さを備えています。私はこのホテルに宿泊して、その魅力を体感しました。ここでは、その前に知っておきたい、岡山国際ホテルへのアクセスについてお伝えしたいと思います。

飛行機で来る場合

岡山国際ホテルへのアクセスの一つは、飛行機で来る方法です。岡山空港は、東京や大阪などの主要都市から約1時間で到着できる便利な空港です。岡山空港から岡山国際ホテルまでは、タクシーで約40分、バスで約50分です。タクシーは、空港のタクシー乗り場から乗ることができます。バスは、空港のバスターミナルから「岡山駅・岡山バスセンター行き」に乗り、「岡山駅前」で下車し、そこから「操南台団地行き」に乗り換え、「岡山国際ホテル」で下車すると、ホテルの敷地内に到着できます。

飛行機で来る場合のメリットは、時間が短くて便利なことです。デメリットは、空港からホテルまでの移動に費用がかかることです。タクシーは約6,000円、バスは約1,000円です。

新幹線で来る場合

岡山国際ホテルへのアクセスのもう一つは、新幹線で来る方法です。岡山駅は、東京から新幹線で約3.5時間で到着できる便利な駅です。岡山駅から岡山国際ホテルまでは、タクシーで約15分、バスで約20分です。タクシーは、駅の東口のタクシー乗り場から乗ることができます。バスは、駅の東口の桃太郎大通り筋の「岡山駅前」から「操南台団地行き」に乗り、「岡山国際ホテル」で下車すると、ホテルの敷地内に到着できます。

新幹線で来る場合のメリットは、駅からホテルまでの移動に費用が安いことです。タクシーは約2,000円、バスは約200円です。デメリットは、時間が長くかかることです。特に、東京から来る場合は、新幹線の料金も高いです。

岡山国際ホテルの屋上露天風呂で癒される!岡山市街の夜景と朝日を見ながらリラックスできる穴場スポット

屋上露天風呂の施設と利用方法

屋上露天風呂は、ホテルの4階にあります。ここからは、岡山市街の夜景や朝日を堪能できます。温かいお湯に浸かりながら、夕暮れの移り変わりや夜空の星とキラキラ輝く市街地のパノラマ、朝は小鳥のさえずりをBGMに、自然に囲まれた安らぎ空間で、非日常の贅沢な時間を過ごせます。

屋上露天風呂の利用時間は、15:00~23:00と6:00~10:00です。利用料金は、特別宿泊プランでご利用いただけます。また、プラン以外のご宿泊のお客様は、フロントにて入浴券を1名様 1,100円で販売しています。人数制限がありますので、あらかじめご了承ください。また、泥酔者や体調のすぐれない方、刺青やタトゥーをされている方のご入場はお断りしています。

屋上露天風で感じた癒しと感動

私は、早起きして、朝日を見ながら屋上露天風呂に入りました。朝日は、岡山市街をオレンジ色に染めていきました。空と地上のコントラストが美しく、感動しました。露天風呂は、ひのきの香りが漂う落ち着いた雰囲気でした。お湯は、適温で心地よかったです。

屋上露天風呂からは、岡山市街の景色を見ることができます。朝日が昇ると、市街の灯りが徐々に消えていきました。朝の静けさと清々しさが心に染みました。小鳥のさえずりや風の音が耳に心地よかったです。屋上露天風呂には、クールダウン室やリラクゼーションルームもあります。クールダウン室では、岡山市街の夜景や朝日を見ながら、ソファでくつろげます。リラクゼーションルームでは、コイン式のマッサージチェアで疲れを癒せます。

プレミアムスカイフロアで眺める岡山市街の夜景が素敵すぎる!岡山国際ホテルのおすすめ宿泊プラン

岡山市の東山の丘に建つ岡山国際ホテルは、市街と緑の山々が一望できる絶景が自慢のホテルです。その中でも、最上階の12階にあるプレミアムスカイフロアは、特別な宿泊体験を提供してくれます。今回は、プレミアムスカイフロアに宿泊した私の感想と、おすすめのポイントをご紹介します。

まず、プレミアムスカイフロアの客室は、シングル、ツイン、和洋室スイート、ファミリールームの4種類があります。私は、シティサイドのツインルームに泊まりました。部屋は広々としており、ベッドはエアウィーブのマットレスを採用しているので、快適に眠ることができました。また、コーヒーマシーンや空気清浄機などの設備も充実しています。冷蔵庫の中には、ミネラルウォーターが無料で用意されていました。

プレミアムスカイフロアの最大の魅力は、やはり眺望です。夜になると、岡山市街の夜景が美しく輝きます。窓から見える岡山城や後楽園、瀬戸大橋などのランドマークも見事です。部屋には、双眼鏡も置いてあるので、夜景をより詳しく見ることができます。私は、ベッドに横になりながら、夜景を眺めるのがとても気持ちよかったです。

プレミアムスカイフロアに宿泊すると、朝食もレストランで和洋ブッフェを楽しむことができます。品数も豊富で、岡山の名物や季節の食材を使った料理もありました。特に、岡山の桃やブドウのフルーツは、甘くてジューシーで美味しかったです。朝食の後は、ホテルの敷地内にある岡山国際美術館や、近くの岡山城や後楽園などの観光スポットに出かけるのもおすすめです。

岡山国際ホテルのプレミアムスカイフロアは、都会の喧騒から離れて、贅沢なひと時を過ごすのに最適な場所です。岡山に旅行するなら、ぜひ一度体験してみてください。私は、また機会があれば、プレミアムスカイフロアに泊まりたいと思います。

皇室や棟方志功が愛した岡山国際ホテルの歴史と文化を紹介!美術館の跡地にある庭園やロイヤルスイートなどの見どころ

岡山国際ホテルは、1973年に開業しましたが、その前には、岡山県の知事公館や岡山県立美術館があった場所です。そのため、ホテルの敷地内には、美術館の跡地に作られた庭園や、知事公館の一部を移築した「瑞祥殿」という建物があります。これらの施設は、ホテルの歴史と文化を感じることができます。

岡山国際ホテルは、皇室が使用したこともあるという由緒あるホテルです。ホテルの最上階にあるロイヤルスイートは、昭和天皇や皇后が宿泊されたことがあるという歴史的な客室です。この客室は、約100平方メートルの広さで、リビングルーム、ダイニングルーム、ベッドルーム、バスルームなどがあります。内装は、高級感と落ち着きのある雰囲気で統一されています。また、この客室からは、岡山市街の夜景や朝日を堪能できます。

岡山国際ホテルのロビーには、棟方志功の大きな木版画が目に入ります。この木版画は、ホテルの開業に合わせて制作されたもので、岡山の自然や文化を表現しています。棟方志功は、岡山国際ホテルの開業に際して、自らホテルに宿泊し、木版画の設置に立ち会ったというエピソードがあります。ロビーには、他にも岡山の伝統工芸品や美術品が飾られており、岡山の歴史と文化に触れることができます。

岡山国際ホテルの評判・口コミを徹底調査

ごじゅう
ごじゅう
「岡山国際ホテル」の【実際の口コミ】から感想を簡単にまとめました。岡山国際ホテルがどんな評価をされているホテルかイメージするお役に立てれば幸いです。
  • ホテルのロビーと客室は、開業当時の趣を残しており、岡山の歴史と文化に触れることができるという声が多い。
  • ロイヤルスイートは、昭和天皇や皇后が宿泊されたことがある歴史的な客室で、岡山市街の夜景や朝日を堪能できるという評価が高い。
  • レストランでは、地元の食材とフランス料理の技法を使った絶品の料理を味わえるという感想が多い。
  • 屋上にある露天風呂からも、岡山市街の夜景や朝日を見ることができるが、洗い場が外にあるため、寒い時期は入りにくいという声が多い。しかし、それもまた冬の風情を感じることができるという肯定的な意見もある。
  • スタッフの対応は、親切で丁寧で、ハイクラスホテルとしての風格があるという評価が多い。
  • 駅からは車で15分くらいかかるが、無料送迎バスがあるので、公共交通機関で来られても不便ではないという感想が多い。また、ホテルの周辺には自然が豊かで、散策やサイクリングを楽しむことができるという声もある。

岡山国際ホテルに宿泊してみようと思われた方は、ぜひこちらから予約をしてみてください。最高の旅になるといいですね!

岡山国際ホテル周辺のおすすめ観光スポット

岡山後楽園

日本三名園のひとつで、岡山藩の2代目藩主・池田綱政が築いた庭園です。四季折々の風景や茶室、池泉回遊式の庭園を散策してください。また、毎年4月には後楽園夜桜会が開催され、ライトアップされた桜を見ることができます。

岡山城

不等辺五角形をした、3層6階建ての天守閣を持つ城です。天守閣の外壁は黒色で、烏城とも呼ばれます。天守閣内には、岡山の歴史や文化に関する展示物があります。また、天守閣の最上階からは、岡山市街や後楽園の眺望を楽しむことができます。

夢二郷土美術館

岡山県出身の画家・竹久夢二の作品や遺品を展示する美術館です。夢二の代表作である「夢二十六夜」や「夢二二十四孝」などの絵画や、夢二が愛した着物や日用品などが見られます。また、美術館の隣には、夢二が晩年に住んだ「夢二館」があり、夢二の生活の様子を垣間見ることができます。

まとめ

ホテル名 岡山国際ホテル
(読み) おかやまこくさいほてる
特 色 高台から岡山市街、児島湾などを一望。緑に囲まれた立地でゆっくりと旅の疲れを癒していただけます。
料 金 5750円~
住 所 〒703-8274 岡山県岡山市中区門田本町4-1-16
電 話 086-273-7311
FAX 086-271-0292
最寄駅 岡山
アクセス 岡山駅より車で15分。★無料送迎バスありJR岡山駅⇔ホテル間を毎日運行、詳細はホームページをご確認ください。
駐車場 250台無料平面駐車場あり(24H出し入れ自由)  ※バス・大型トラックはご相談ください。
投稿件数 1157件
★の数 (総合): 4.27
楽天ウェブサービスセンター

素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイト

「ふるさとパレット」は、東急グループが全国各地で出会った素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイトです。東急グループにゆかりがある地域を中心に、魅力あふれる返礼品が掲載されています。

特に注目すべきは、「東急オリジナル返礼品」です。これらは東急グループと自治体が共同で開発したこだわりの返礼品で、ここにしか載っていない独自の商品です。また、開発に込めた生産者の想いを綴った開発ストーリーも掲載されています。

「ふるさとパレット」は、ふるさと納税を通じて、地域へ実際に足を運んでいただくきっかけを提供することで、地域の関係人口増加による地域活性化を目指しています。これは、東急グループだからこそ実現できるふるさと納税の形です。


「東急グループのふるさと納税サイト!」
この記事を書いた人
ゴジュウ

はじめまして、ゴジュウと申します。WEB関連の仕事をしています。50代のお父さんです。大学生の息子と中学生の娘がいます。子供が小さい頃は仕事が忙しく家族旅行に連れて行ってやれなかったので、これからどんどん思い出作りの家族旅行を計画しようと思っています。

ゴジュウをフォローする
ホテル紹介
ゴジュウをフォローする
50代お父さんのおすすめ家族旅行スポット紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました