[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おたる 宏楽園(北海道小樽市)|アクセス・食事・部屋・口コミ・お土産品を利用者目線で解説

ごじゅう
ごじゅう
おたる宏楽園の周辺エリアでは、美しい「青の洞窟」クルーズや歴史的な「小樽運河」が人気です。また、「神威岬」や「ニッカウヰスキー余市蒸留所」なども訪れる価値があります。この地域は自然と歴史が混ざり合った魅力的なスポットで、訪れる人々に素晴らしい体験を提供します。おたる 宏楽園(北海道小樽市)のアクセス、口コミ、食事、温泉など魅力をたっぷりお伝えします。

おたる 宏楽園(北海道小樽市)へのアクセスをわかりやすく解説

おたる 宏楽園(北海道小樽市)へのアクセスを解説します。

車で行く場合

新千歳空港からは道央自動車道を利用して約60分、札幌からは札樽自動車道を経由して約40分です。札樽自動車道・朝里ICからは約1分で到着します。朝里ICの出口を右に曲がり、直進1km先のセイコーマートさんの横に正面入口があります。

駐車場

おたる宏楽園には駐車場が完備されています。ただし、カーナビを使用する際には裏側に案内されることがあるので注意が必要です。朝里温泉通、道道一号線側、小樽市新光5-18-2で検索するとスムーズに到着できます。

電車・バスで行く場合

JR新千歳空港駅からは小樽行きの快速エアポートで約80分、JR札幌駅からは小樽行きの快速列車で約30分です。JR小樽築港駅に到着後、タクシーを利用して約10分です。また、JR小樽駅からは中央バスターミナル2番乗り場から「朝里川温泉行」のバスに乗車し、「宏楽園」で下車します(所要時間約23分/240円)。

アクセスの注意点

最寄り駅はJR朝里駅ですが、無人駅なのでタクシーはお客様自身で呼ぶ必要があります。タクシーでの移動時間は約5分です。

おたる 宏楽園(北海道小樽市)の口コミの傾向と印象に残った口コミを紹介

おたる 宏楽園(北海道小樽市)の口コミの傾向を5つの視点で分析して、印象に残った口コミを紹介します。

口コミの傾向

自然と調和する極上の癒し

おたる宏楽園の庭園は四季折々の風情が楽しめ、訪れる人々を魅了しています。散歩しながら自然を満喫できる空間は、都会の喧騒から離れ、心地よい時間を過ごすのに最適です。

美食の楽園

料理の評価も高く、素材の風味を生かした手の込んだ料理が提供されています。特に、地元の新鮮な食材を使用した懐石料理は、訪れる全ての人々を満足させています。

温泉での至福の時間

温泉もまた、訪れる人々から高い評価を受けています。露天風呂から見える景色と温泉の熱さが絶妙に調和し、心地よい時間を過ごすことができます。

心遣いあふれるサービス

スタッフの丁寧な接客も好評です。特に、新婚旅行や家族旅行など、大切な時間を過ごすお客様に対する心遣いが評価されています。

贅沢な客室での寛ぎ

客室の清潔感と贅沢な雰囲気も評価が高く、ゆっくりと寛ぐことができます。特に、露天風呂付きの客室は、プライベートな時間を楽しむのに最適です。

印象に残った口コミ

おたる 宏楽園(北海道小樽市)の宿泊体験談で印象に残っている口コミを紹介します。

このお客様は、初めての小樽訪問で、宏楽園の静かで落ち着いた雰囲気に魅了されました。特に印象的だったのは、四季折々の美しい庭園。冬の訪問だったため、雪に覆われた庭園は幻想的な美しさで、露天風呂からその景色を眺めながらのひとときは、まさに非日常の極みでした。

食事に関しても、地元の新鮮な食材を使った料理に大変満足されていました。特に記憶に残ったのは、ふらの牛のステーキ。その柔らかさと味わい深さに、お客様は感動されたそうです。また、朝食で提供された和食のおかずも、お米にぴったり合っていて、朝から幸せな気分になれたとのこと。

宿泊中、スタッフの方々の温かいおもてなしにも心を打たれました。どのスタッフも親切で、細やかな気配りが行き届いていることに、お客様は大変感動されていました。特に、新婚旅行での訪問だったため、サプライズで写真を撮ってプレゼントしてもらったことが、とても嬉しかったそうです。

レストラン・食事の魅力を紹介

おたる 宏楽園(北海道小樽市)での食事について。
食事は、お部屋食と個室お食事処の2つがあります。お食事は18:00、18:30、19:00から選べます。おすすめの料理は、道産牛ヒレ肉(70g)で、通年提供されています。また、天ぷら盛り合わせ、お造り3点盛り、あわびの天ぷら、いくら丼、キンキの半身焼き、いくら小鉢なども人気があります。フルーツ盛り合わせは、時期ごとに甘みののった旬の果物が用意されます。

客室の魅力を紹介

おたる 宏楽園(北海道小樽市)の客室の魅力を紹介します。
全35室の客室があり、そのうち28室が露天風呂付きとなっています。客室は伝統的な純和風のお部屋で、畳敷きになっており、和の雰囲気を味わっていただけます。さらに、特別室には露天風呂や足湯が設けられ、贅沢な造りとなっています。

また、バリアフリータイプの客室もあり、全てのお客様が快適に過ごせるよう配慮されています。客室からは広大な日本庭園を眺めることができ、四季折々の風情を楽しむことができます。自家源泉のアルカリ性の温泉は肌に優しく、客室の露天風呂、貸切風呂、大浴場、露天風呂で体感することができます。

お風呂・温泉を紹介

おたる 宏楽園(北海道小樽市)の温泉・お風呂について。
お風呂は、まさにリラクゼーションと癒しの楽園です。ここでは、自家源泉のアルカリ性の温泉を楽しむことができます。pH8.7というアルカリ性の高い温泉は肌に優しく、美肌の湯と言われています。

大浴場は2箇所あり、男女それぞれ朝夕で入れ替えがあります。一つは「岩の湯」で、吹き抜け構造の内風呂と自然石をテーマにした開放的な露天風呂があります。もう一つは「森の湯屋」で、周囲を緑に囲まれた露天風呂と内風呂があります。ここでは、本格的なフィンランドサウナも楽しむことができます。

また、おたる宏楽園では、貸切の温泉空間「こかげのいで湯」も利用できます。ここでは、ご家族やカップルなどが気兼ねなくくつろげます。

おたる 宏楽園(北海道小樽市)のおすすめプランを紹介

特におすすめしたいプランは、「宿を上手に楽しもう!朝食付おこもりステイ(夕食なし)」です。このプランでは、夕食は含まれていませんが、それがかえって小樽の街を探索し、地元の美味しい食事を楽しむ絶好の機会になります。

このプランの魅力は、プライベートな時間をゆっくりと過ごせることです。仲居さんがお部屋に伺うことはないので、自分たちのペースでリラックスできます。また、お風呂は自家源泉のアルカリ単純泉で、お肌がつるつるになる「美肌の湯」を楽しめますよ。

朝食は7:30から10:00までの間、お食事処「花音(かのん)」で提供されます。チェックインは最終21:00、チェックアウトは11:00ですので、のんびりとした朝を過ごすことができますね。

小樽の魅力を存分に味わいたい方には、この「朝食付おこもりステイ」プランがぴったりです。小樽の街を散策し、地元の食事を楽しんだ後は、宏楽園の心地よいお部屋でゆったりと過ごす。そんな贅沢な時間を、ぜひ体験してみてください。

また、飛行機で行く場合には、お得なANAパック、JALパックがあります。びっくりするくらい料金変わるので、チェックは必須です!

周辺のおすすめ人気観光スポット

周辺のおすすめ人気観光スポットを3つ紹介します。

小樽運河

小樽市の中心部にある運河で、明治時代に開削された歴史的な運河です。運河沿いには、レンガ造りの倉庫や商家が立ち並び、当時の情緒を残しています。運河沿いを散策することで、小樽の歴史や文化を感じることができます。また、運河クルーズに乗ることで、運河沿いの景色をゆっくりと楽しむことができます。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

小樽市の中心部にある、明治時代に建てられた歴史的な建物です。この建物は、かつて日本銀行の小樽支店として使用されていました。現在は、金融資料館として、日本の金融システムの歴史や、小樽の歴史に関する展示が行われています。建物自体も、当時の建築様式を残しており、歴史的な価値が高いです。

小樽市総合博物館

小樽市の中心部にある博物館で、小樽の歴史や文化に関する展示が行われています。博物館内には、小樽の歴史に関する資料や、小樽の文化に関する展示があります。また、博物館内には、小樽の歴史的な建物が移築されており、当時の雰囲気を味わうことができます。

まとめ

おたる 宏楽園(北海道小樽市)を紹介している動画

素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイト

「ふるさとパレット」は、東急グループが全国各地で出会った素敵な返礼品を数多く紹介するふるさと納税サイトです。東急グループにゆかりがある地域を中心に、魅力あふれる返礼品が掲載されています。

特に注目すべきは、「東急オリジナル返礼品」です。これらは東急グループと自治体が共同で開発したこだわりの返礼品で、ここにしか載っていない独自の商品です。また、開発に込めた生産者の想いを綴った開発ストーリーも掲載されています。

「ふるさとパレット」は、ふるさと納税を通じて、地域へ実際に足を運んでいただくきっかけを提供することで、地域の関係人口増加による地域活性化を目指しています。これは、東急グループだからこそ実現できるふるさと納税の形です。


「東急グループのふるさと納税サイト!」
この記事を書いた人
ゴジュウ

はじめまして、ゴジュウと申します。WEB関連の仕事をしています。50代のお父さんです。大学生の息子と中学生の娘がいます。子供が小さい頃は仕事が忙しく家族旅行に連れて行ってやれなかったので、これからどんどん思い出作りの家族旅行を計画しようと思っています。

ゴジュウをフォローする
ホテル紹介北海道ハイグレードホテル
ゴジュウをフォローする
50代お父さんのおすすめ家族旅行スポット紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました